いちばんシンプルでわかりやすいNFTの始め方

「興味はあるけど、専門用語が多くて難しそう」「購入したいけど、どうやって始めればいいのかわからない」という初心者の方に、「NFTの始め方」をできるだけシンプルにわかりやすくご紹介します。

今、NFTで世界が変わろうとしています。もうそこまで来ているweb3.0の世界。ワクワクしながら、はじめの一歩を踏み出しましょう。

手順に沿って進めていけば、最短でわかりやすくNFTを購入できます。
(前半はNFTの説明です。すぐに始めたい方は、「NFT購入準備」へどうぞ)

NFT(Non-Fungible Token)とは

NFTとはNon-Fungible Token(ノン・ファンジブル・トークン)の略語です。

これまでは、デジタルデータはコピーが無制限にできましたが、NFTはブロックチェーンを使う事によって「世の中で1つしかないデジタルコンテンツ」としてその価値や権利を証明できるようになりました。このため、NFTは「コンテンツや権利」の流通革命と呼ばれ、その大きな可能性に注目が集まっています。

新しい資産としてのNFT

「Every Days – The First 5000Days」

Every Days – The First 5000Days

2021年3月にデジタルアーティスト・Beepleの作品「Every Days – The First 5000Days」が、約75億円で落札され、NFTが大きく注目されるきっかけとなりました。
Beepleは「デジタル技術の発展以降20年にわたって多くのアーティストがデジタル作品をインターネット上で公開してきたが、作品を真に所有し、収集する方法はなかった。オリジナルをオリジナルと証明可能なNFTの登場によりこの状況がガラリと変化した」とコメントしています。

CryptoPunks

CryptoPunks

2017年に発表されたコレクティブNFT「CryptoPunks」累計の販売価格は約2500億円に上る。24×24ピクセルのドット絵という手法のデジタルアート。コレクティブの歴史上もっとも古いものである事から、最高では1作品8億円で取引されたものもあります。

Bored Ape Yacht Club

Bored Ape Yacht Club

2021年4月に発表されたコレクティブルNFT「Bored Ape Yacht Club」多くの海外セレブや有名人も保有しており人気が高い。NFT保有者限定のコミュニティの会員権を付与しているため、付加価値がさらに高くなっています。フロア価格は2000万円以上となっています。

急成長するNFT市場

追加:市場規模 売り上げのグラフ

引用:盛り上がるNFT市場の、日本企業相関図を作ってみた https://liginc.co.jp/594001


日本でも様々な企業がNFT事業に参入しています。特にNFTを売買するマーケットプレイスに巨大企業が参入している事がわかります。(追加:GameFiはもう少し詳しくできそう)

NFTのメリットと注意点

NFTのメリット

「自分の好きな唯一無二のデジタルコンテンツ」を「所有」できます。
サブスクサービスで幅広いコンテンツを共有できるようになりましたが、自分のものとして集める時のワクワク感は薄くなったのではないでしょうか?自分の物と証明できるNFTで再び集める「コレクション」を楽しめます。
→ 記事「コレクティブルNFTで、コレクションを楽しむ」

NFTのコンテンツやクリエイターと繋がる手段が提供されています。
例えば音楽アーティストの作品制作に出資したり、コンサートのチケットとして利用したり。NFTで新しい「所有と繋がりの形」ができたと言えるでしょう。
→ 記事「NFTで憧れのアーティストやクリエイターと繋がる!?」

NFTを購入する一連の手順を経験する事で、ブロックチェーンや暗号資産など新しい技術に触れる事ができます。楽しみながらweb2.0からweb3.0への技術革新の世界を体験しましょう。
→ 記事「web3.0って何?新しい技術革新と変わる世界」

コンテンツを持つ喜びに加えて、NFTの価値が上がれば、資産形成の一つの手段になる可能性もあります。夢のある話ですね。
→ 記事「NFTで 新しい資産戦略を」

NFTの注意点

もちろん、リスクも十分理解したうえで購入しましょう。NFTそのものの価値だけでなく、暗号資産の価格変動にも影響を受けます。法定通貨での直接購入ではない事を十分に理解して購入しましょう。

また、暗号資産を利用するうえで注意すべきポイントがいくつかあります。ウォレット送付時に、アドレスを間違うと資産を失う可能性がある事など。リテラシーを上げて、より安全に楽しめるようにしましょう。
→ 記事「リスクを知って、快適なNFTライフを」

NFT購入にかかるコスト

NFT購入にかかるコストは「NFTの購入価格」+「暗号通貨取引所からウォレットへの送金手数料(2~3000円)」+「NFT購入時のガス代(2~3000円)」を合計した費用になります。
→ 記事「NFTの売買にかかるコストガス代とは?」

NFT購入の準備

暗号資産取引所の開設

NFTの売買に必要な暗号資産を購入するため、暗号資産取引所の口座開設をします。ここでは国内暗号通貨取引所「GMOコイン」の開設手順を例として説明します。

【GMOコインの特徴】
・国内最大級の暗号通貨取り扱い
・最短10分で取引開始可能
【口座開設手順】※詳細手順はこちら
1.公式HPからアカウント登録
2.お客さま情報の登録と本人確認
(※運転免許証など本人確認書類を用意)
3.口座開設コードが届き、取引開始 

ウォレット作成

暗号資産やNFTをマーケットプレイスとやり取りするためにウォレットを作成します。ここでは最も多く利用されている「Metamask(メタマスク)」の作成方法を説明します。
(Metamaskの詳しい作成手順は「Metamask(メタマスク)の作成方法」をクリック)

【Metamaskの特徴】
・世界的にもっとも有名なウォレット
・ETHを中心に様々な暗号通貨が使える
【作成手順】※詳細手順はこちら
1.公式HPからダウンロード
2.ウォレット作成とパスワードの設定
3.シードフレーズの確認(メモの保管)
(※パスワードとシードフレーズは必ずメモ)

マーケットプレイス登録

世界最大で最も有名な「OpenSea」の登録手順を説明します。
(マーケットプレイスの詳しい情報は「マーケットプレイスの比較とおすすめ」をクリック)

【OpenSeaの特徴】
・世界最大のマーケットプレイス
・購入・売却・販売が可能
【登録手順】※詳細手順はこちら
1.公式HPからアカウント作成
2.「My Account Settings」を選択
3.「Sign In」クリック、MetaMaskアカウントを接続
4.「署名の要求」画面に移動後「署名」をクリック
5.ユーザー名とメールアドレスを登録・認証

NFT購入手順

暗号資産購入

暗号資産取引所で暗号資産を購入します。金融機関から暗号資産取引所に日本円を入金し、暗号資産を購入します。ここではGMOコインでイーサリアム(ETH)の購入する場合の手順を説明します。

【イーサリアム購入手順】※詳細手順はこちら
1.「入出金/日本円」クリック
2.「即時入金」または「振込入金」で入金
3.「取引所/現物取引」クリック
4.「イーサリアム」「成行」「買」選択
5.現在価格を確認「取引数量」入力
6.確認画面クリック
7.「確定」

暗号資産をウォレットに送付

購入した暗号資産を暗号資産取引所からウォレットに送付します。ウォレットのアドレスをコピーした後、暗号資産取引所で暗号資産と送付量を入力し出金します。

【Metamaskにイーサリアムを送付】※詳細手順はこちら
1.Metamaskのアドレスをコピー
 (アカウントクリックで自動コピー)
2.「入出金/暗号資産」クリック
3.「銘柄選択」で「イーサリアム」選択
4.「送付」「新しい宛先を追加する」
5. 送付先「GMOコイン以外」
送付先ウォレット「プライベートウォレット」
受取人「ご本人さま」選択し、送付先情報確認
6.「宛先情報登録」で宛先名称とMetamaskのアドレス入力
7.「送付数量」「送付目的」入力、送付確定

マーケットプレイスでNFT購入

【OpenSeaでNFT購入】※詳細手順はこちら
1.MyWalletでMetamaskを接続する
2.購入したいNFTを探す
3.NFT選択後「カートに追加」クリック
4.NFTがウォレットに追加される

まとめ

初心者の方でも、最短でわかりやすくNFTを購入する方法を解説しました。NFTという新しい技術革命で広がるデジタル世界への入り口を体験できたのではないでしょうか?現実世界とデジタルの仮想世界。バランスよく触れることで、より豊かな人生を感じていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました