おじさんおばさんのメール

Z世代から見る おじさんおばさんのメールの書き方とは?

Z世代から見る おじさんおばさんのメールの書き方とは?

私は、21歳のデジタル世代の息子を持っている母ですが、先日なにげない息子との会話の中で、「俺らはこんな風にメール打ったりしないよ」とぽそっと言われました。

なんかおかしいの?

とどういう部分に違いがあるのか色々聞いてみると、要するに、メールの書き方が古めかしいとのことでした。

そのコメントを聞いて、完全に自分がおばさん化していることに気づき、打ちのめされました。

別に、そう思われてもいいけど・・!などと、息子の前では格好 つけてみたものの、おばさん化は絶対に嫌!と、助けをを乞うべく、少し調べてみることにしました。

※ここではおばさん化ではなく、既に私がおばさんであることは棚に上げておきます。

そもそも絵文字、句読点はつかわない。

色々と調べてみたところ、絵文字はわかるが、句読点もつかわない!という記事が出てきました。絵文字→(–;)を使わない、絵文字をたくさん使うと「おじさんLINE」と言われるというものらしい。もはやガラケーを彷彿させる、テキストで作られている絵文字は確かに古いといわれることは理解できるが句読点を使わないとは!どういうことなのでしょうか。

これは長らくスマホでテキストチャットを活用している若者は「打ち言葉」という言葉を確立しているからとのことでした。

「打ち言葉」とは、打ち言葉について、文化庁は2018年3月に 「話し言葉の要素を多く含む新しい書き言葉」であると定義しています。

若者は打ち言葉でスピーディーに会話することが基本になっているため、堅苦しい文章と絵文字が混在する文章に違和感を覚えるそうで、そうした文章は「おじさんLINE」に定義されるらしいです。身に覚えがありすぎてつらいです。。 

それ以外にもある事象として、「中年チャット」というものがあります。

2行以上書かない。長くならない。

上記の理屈でいくと、周りの若者にいわれたいくつかの言葉も納得が。

―そもそも2行以上にならない。

―1文は大体10文字以内である。

―長音符「―」が「~」だとおじさんぽいらしい(※これは謎。)

上級になると略しすぎて言葉にもなっていない。だいぶ前から知られているもので、もはや古いとされているものもありますが、そんなことを言っている場合ではないので、幾つか紹介しておきます。

「おk」→OK

「り」→りょうかい

「あね」→あーなるほどね

「ちょえ」→ちょっとまって

「リムる」→リムーブの略SNSでフォローしていた相手を解除

・・・・∞

これらは使わなくてもいいとは思うのですが、若者から来た時には「あーそれな」とでも返しておきたいものだと思いました。(極寒)

おばさん構文とは?

今回調べて発見したのが、中高年のおじさん世代がLINEなどで使う、独特の文体のことを「おじさん構文」と言ったりしますが、そこから派生し、近頃では「おばさん構文」なるものが登場しているらしいです。

「~だわ」や「かしら」など、語尾から昭和感が漂ってくるのが「おばさん構文」の特徴と言われています。これらの表現は、年齢を感じさせる言い回しと受け取られているようです。

若者のLINEが短文であるのに対し、おばさんのLINEはとにかく長いのが特徴なので短文でのやり取りを好む若者には鬱陶しく感じる部分もあるようですが、こちらが心配しているほど気にしていないらしいです。(あきらめられている

今回、振り返ってみて、いつまでも若々しくいるために自分のケアをするのも大事だと痛感しました!

LINEで句読点を打たない若者たち、実は知られざる「合理的」理由があった

 若者の間では「おじさん世代」の言葉づかいがしばしばネタになる。LINEなどテキストチャットのやり取りでの話だ。

 絵文字・顔文字が多い。 (^_-)-☆、 (^_^;) のような若者が使わない絵文字・顔文字を使っている。そんなやり取りを、若者は「おじさんLINE」とやゆする。

 絵文字・顔文字だけではない。それらと並んで若者が違和感を持つ、おじさんの書き方がある。それは「、」「。」の句読点をきっちりと打つことだ。

 若者はテキストチャットであまり句読点を打たない。ルーズだからというわけではない。長らくスマートフォンでテキストチャットをしてきた若者は、それに合った「打ち言葉」というスタイルを確立しているのだ。

チャットではメッセージを分けて送っても「一文」と捉えられる

チャットではメッセージを分けて送っても「一文」と捉えられる

(画像:鈴木 朋子)

[画像のクリックで拡大表示]

 テキストチャットでは用件のみの短文でスピーディーに会話する。若者は読点(、)を打つ代わりに送信ボタンを押し、句点(。)は省略する。こうした、デジタル機器への入力で使われる言葉が「打ち言葉」だ。

 文化庁は2018年3月に発表した「分かり合うための言語コミュニケーション(報告)」で、打ち言葉について「話し言葉の要素を多く含む新しい書き言葉」であると定義した。句点(。)については、テキストチャットをよく利用する大人世代でも省いているかもしれない。

 書き言葉には声の質や高さ、イントネーションといった「パラ言語(paralanguage)」の情報が含まれない。そこで、絵文字や顔文字で感情表現を補完しようとする。LINEの「スタンプ」はその点をうまく補助する役割を担い、サービス全体の普及を後押しした。

 若者は打ち言葉でスピーディーに会話することが基本となっている。そのため、堅苦しい書き言葉に絵文字や顔文字が混在する大人の文章に違和感を覚え、「おじさんLINE」と呼ぶわけだ。

打ち言葉はネットスラングとも融合する

 打ち言葉には、もう1つ種類がある。それは、「おk」「うp」のような、打ち間違いを語源にしたような、いわゆるネットスラングだ。筆者は女子高生の流行語を毎年チェックしているが、毎回ネットで昔から使われていたような言葉がランクインする。

 例えば、人材サービスや調査を手掛けるマイナビが実施した「2018版 10代女子が選ぶトレンドランキング(コトバ編)」では「草」がランクインしている。これは笑い声を表す「www」を「草生やす」と呼び、それを省略した言葉だ。「マジで草」などと表記する。話し言葉で利用する女子高生も多い。

 さらに遡ると「2017年ティーンが選ぶトレンドランキング(コトバ編)」では、言葉の語尾に付ける「ンゴ」が3位に入っている。「泣いたンゴ」というように表記する。ネットに詳しい人ならご存じと思われるが、「ンゴ」は電子掲示板「2ちゃんねる」内の「なんでも実況J(なんJ)」で生まれた言葉だ。このランキングから3年たった現在でも、若い女性たちが「わかったンゴ」などと使っている。

 スマートフォンで打ち込むときに便利だった打ち言葉が、友人との普段の会話に出てくるのは自然なことだろう。言葉は生きており、その解釈や使われ方は時代とともに変化している。世代によってその差が出たとき、その異文化性がエンターテインメントになる。この記事もその1つだ。カルチャーショックを楽しみつつ、世代交流を楽しんでもらいたい。

タイトルとURLをコピーしました