子宮筋腫について

子宮筋腫について

子宮筋腫についての講座内容は以下の通りです。

子宮筋腫とは

  • 定義:子宮筋層に発生する良性の腫瘍
  • 種類:皮下筋腫、腺筋腫、粘液筋腫など
  • 発生頻度: reproductive期女性の20~40%に発生

子宮筋腫の症状

  • 無症状のことも多い
  • 月経時の過多月経・月経困難などの症状を訴えることがある
  • 腫瘍が大きいと腹部脹満感・腹痛などを引き起こす

子宮筋腫の原因

  • エストロゲンの影響が大きいため、思春期~更年期に多発
  • 遺伝的要因も関与している可能性がある

子宮筋腫の検査

  • 内診・超音波検査での子宮の観察
  • MRIでの腫瘍の形態・位置・大きさの評価
  • 腫瘍マーカー検査での悪性腫瘍の除外

子宮筋腫の治療

  • 無症状の小さな筋腫では経過観察
  • 症状がある場合、薬物療法・手術療法を選択
  • 薬物療法では低用量ピルの投与が基本
  • 手術療法では腹腔鏡下筋腫核出術が主流

子宮筋腫の予後

  • 治療により症状は改善するが、再発することもある
  • 更年期以降は筋腫は自然縮小することが多い
  • 定期検査での経過観察が重要

以上が子宮筋腫に関する講座の内容になります。適宜画像や図表、治療事例などを交えて詳細に解説していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました